編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

日本オラクル、SAP製品と連携可能なミドルウェア「Fusion Middleware for SAP」

ニューズフロント

2006-02-22 15:02

 日本オラクルは2月22日、SAP資産を活用することが可能なミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware for SAP」の提供を2月末に開始すると発表した。税込み価格は、1プロセッサ当たり787万5000円または1指名ユーザー当たり15万7500円とする。

 Oracle Fusion Middleware for SAPは、BPEL準拠のビジネスプロセス連携プラットフォーム「Oracle BPEL Process Manager(BPEL PM)」、GUIで操作可能なビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Oracle Business Intelligence Discoverer」、主要業績評価指(KPI)やサービスレベル契約(SLA)などビジネス上の指標をリアルタイムに監視するツール「Oracle Business Activity Monitoring」といったモジュールで構成する。

 さらに、SAPシステムとの連携を可能とするソフトモジュール「SAP Adaptor」により、インターフェースを開発することなく既存SAPシステムとその他システムの統合が実施できる。その結果、統合プロジェクトのコスト削減や期間短縮につながり、トレーニングや保守に必要なコストも減らせる。

 日本オラクルでは「Oracle Fusion Middleware for SAPを利用すると、SAPユーザーは既存の資産を最大限に活用しながら、SAP R/3環境をサービス指向アーキテクチャ(SOA)化できる」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]