「OOW 2006開催はひとつのゴールであり新たなスタート」--日本オラクル新宅社長

山下竜大(編集部) 2006年01月26日 01時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「チャンスがあれば先手必勝だし、そうでない場合にはじっくりと腰を据えた戦略を遂行する。(今年、挑戦しようと思っている囲碁と同じく)常に次の手を考えがら戦略を柔軟に変化させることが必要になる」--日本オラクルの代表取締役社長 最高経営責任者である新宅正明氏は、自身のビジネスにおける信条をこう語る。

 ここ数日はライブドアショックにより株価の低迷も危惧されたが、その不安も一段落。2005年から2006年にかけての株価や経済動向における数字が示すとおり、日本経済は引き続きポジティブな基調にある。新宅氏は、「現在は、ビジネスを加速していく時期。これまでは経済的にも耐える時期だったが、2006年は攻めの年にしなければならない」と話す。

 この言葉が示すとおり日本オラクルは、3年ぶりとなるイベント「Oracle OpenWorld Tokyo 2006(OOW 2006)」を今年3月に開催する。「OOW 2006の開催は、オラクルにとってひとつのゴールであり、新たなスタートでもある」と新宅氏。2006年は、2003年から取り組んできた中期経営計画「Oracle Japan Innovation 2003」のゴールの年であり、また新たなスタートの年でもある。その幕開けを飾るのイベントがOOW 2006だ。

 「日本オラクルでは、2003年より3カ年の中期経営計画を推進してきた。その計画も、あと半年足らずを残すのみとなったが、当初の目標は概ね達成し、次のステップへと向かっている。そこで目指すのは、企業のプロセス再生と価値創造というサイクルを加速していくことだ」(新宅氏)

 つまり、OOW 2006のテーマ「TURNAROUND JAPAN 〜事業再生とITの役割〜」における“TURNAROUND(方向転換)”に込められた思いこそが日本オラクルが目指す次のステップといえる。新宅氏は、「事業再生を実現するための次世代システム構築におけるOracle製品の役割とはいかなるものかを啓蒙していくことが、日本オラクルの今後の重要な取り組みであり、OOW 2006のテーマとなっている」と言う。

 「道具はすでにそろっている。そこで道具を紹介するのではなく、その道具で何をしなければならないのか、次世代のアプリケーションを、どのようなプラットフォーム上に、どのように構築していくかを提案していくことが次のステップにつながる」と新宅氏は話している。

 たとえば、Oracle DatabaseやOracle Fusion Middleware、Oracle Applicationsの機能を紹介するだけではなく、どのように活用することで、変化に柔軟かつ迅速に対応できる仕組みを実現することができるかを紹介する。さらに、いかにSIパートナー企業やユーザー企業と協力していくことで、より一層効率的に次世代システムを構築できるかを模索していくということだ。

 「OOWのテーマのひとつは経営とITの融合。経営面では事業再生のための最適なモデルを考え、その一方で技術面からITに対する期待を定義する。技術動向を伝えるだけでなく、ITの現在と未来、そして企業の期待とITの役割における接点が見出せればOOW 2006は成功といえる。単なるお祭りではなく、来場者に真の価値を提供するためのイベントを目指している」(新宅氏)

 経営とITのつなぎは日本オラクルだけで実現できるものではなく、いかにパートナー企業やユーザー企業と協力することで実現するかが重要な鍵となる。新宅氏は、「日本オラクルは、経営とITの融合のための取り組み全体の交通整理をすることが役割。OOW 2006ではデータベース分野だけでなく、“エンタープライズソフトウェア分野”におけるオラクルの価値をより一層打ち出していく場にしたい」と話している。

OOW 2006の開催に向けた意欲を語る日本オラクルの新宅社長。

 「ユーザー企業やパートナー企業にオラクルのすべてが見えるということが、オラクルの次のステップにとって非常に重要になる。製品やサービスはもちろん、経営とITがいかにつながろうとしているかを理解することが、オラクルはもちろん、ユーザー企業やパートナ企業ーにとっても非常に重要になる」(新宅氏)

 新宅氏はまた、次のステップにおけるもうひとつの重要な鍵として、「経営指標にスピードを取り入れることが重要」と話している。「今後の経営にとって、時間のロスが最も致命的になる。これまで不良資産の多くは無意味な投資だったが、これからは“時間”が不良資産になるだろう。“時間”をいかに有効利用した経営を実現するかが重要になる」と新宅氏は話している。

 「余裕は必要だが、ムダな時間を無くしていくのは経営者の責任。迅速な意志決定ができる仕組み、意志決定を加速できる仕組みをITの活用で実現しなければならない。オラクル自身も“TURNAROUND”したいし、ユーザー企業やパートナー企業にも“TURNAROUND”してほしい。そのための価値をOOW 2006で一緒に作り上げていきたいと思っている」(新宅氏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化