編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

日本オラクル、マルチコアプロセッサ向けの割引きライセンス体系を発表

ニューズフロント

2006-01-16 20:44

 日本オラクルは1月16日、マルチコアプロセッサを使用するシステムに配慮した新ライセンス体系を発表した。2月13日に適用を開始する。

 新しいライセンス体系は、システムのコア数に1.00以下の係数をかけて課金用のライセンス数を算出する。係数は使用するハードの種類に応じて異なり、以下のとおり。

  • UltraSPARC T1(Sun Fire T1000 Server、Sun Fire T2000 Serverのみ):0.25
  • AMDおよびIntel製マルチコアプロセッサ:0.50
  • その他マルチコアプロセッサ:0.75
  • シングルコアプロセッサ::1.00

 たとえば、AMD/Intel製マルチコアプロセッサを搭載するサーバでデータベース製品を使う場合、演算コア数が8コアだと課金用ライセンスは4プロセッサ分となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]