日本オラクル、SOA実装パッケージ「Oracle SOA Suite」の提供を開始

CNET Japan Staff

2006-02-28 00:20

 日本オラクルは2月27日、SOAを実現する基本コンポーネント群をパッケージ化した製品群「Oracle SOA Suite」の提供を同日より日本国内において開始すると発表した。

 Oracle SOA Suiteは、「Oracle Fusion Middleware」と「Oracle BPEL Process Manager」の基本機能がパッケージ化されたもの。この製品提供を第1弾として、日本オラクルはSOAのライフサイクルを強化する関連製品を今後も提供していく予定だ。

 価格は、Oracle Fusion Middlewareに対応する「Oracle SOA Suite for Oracle Middleware」がNamed User Plusで13万1250円、1CPUあたり656万2500円。オラクル製品以外のミドルウェアに対応する「Oracle SOA Suite for Non Oracle Middleware」はNamed User Plusで17万625円、1CPUあたり853万1250円。価格はすべて税込み。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    量子コンピューターの実用化がもたらす脅威とは?既存の暗号資産を守る“4つのステップ”を徹底解説

  2. セキュリティ

    攻撃者がクラウドを標的にする仕組みとは? CrowdStrikeのレポートから考察する

  3. 経営

    「作って終わり」のマニュアルを「活用される」マニュアルにするためには?

  4. セキュリティ

    脱「PPAP」で考える、重要なファイルを安全に送付・共有する最適解とは?

  5. コミュニケーション

    Slack 導入事例集 2023:伊藤忠テクノソリューションズはいかに営業チームを1つにまとめたのか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]