編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

スルガ銀行、沖電気の「CTstage 4i」によるIPコンタクトセンターシステムを導入

CNET Japan Staff

2006-03-27 17:24

 沖電気工業は3月27日、スルガ銀行向けにCTIサーバ「CTstage 4i for .NET」をベースとしたIPコンタクトセンターシステムを納入したことを発表した。

 スルガ銀行では、今回のIPコンタクトセンターの構築により、アウトバウンドおよびインバウンド業務の効率化、担当者制による着信順位制御、フリーグループ機能を実現し、成約率の向上を目指している。

 また、ローン受付から、審査、結果連絡までをスムーズに連携させることで、従来の紙ベースでのやり取りから脱却し、受付業務の負荷軽減を簡易ワークフローとして実現したい考えだ。

 スルガ銀行が同ソリューションを選定したのは、アプリケーション組み込みの柔軟性や、CRMなどほかのシステムとの連携が容易なことが評価されたため。2006年4月よりダイレクトバンク総オペレーター席数250のうち、席数150を入れ替えて稼動を開始する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]