編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

ゆうあいクリニック、検査データのセキュアな読影診断に「Citrix Presentation Server」を採用

CNET Japan Staff

2006-03-31 17:02

 シトリックス・システムズ・ジャパンは3月31日、医療法人社団ゆうあい会ゆうあいクリニックがクライアント/サーバ型の検査システムに「Citrix Presentation Server」を採用し、院外からセキュアかつ高速に検査データを処理できる画像配信システムを構築したと発表した。

 ゆうあいクリニックは、2004年7月に横浜や東京の病院が共同で設立した、PET(Positron Emission Tomography:陽電子放射断層撮影)装置などを使った画像診断に特化した検査専門機関。世界でも最大規模となる8台のPET装置を設置し、がんの精密診断からステージング、治療効果確認、再発確認、予後フォローまで、さまざまな段階で検査を行っている。

 同クリニックでは、提携医療機関に検査データを利用してもらう場合、院外から大容量画像データを処理することと安全性という2つの大きな問題があった。医療画像データの配信、保存フォーマットは、DICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine)という規格で統一され、画像データ1枚に通信情報、患者情報、検査情報などの管理データも含まれる。ひとり分の検査データは数百メガバイトにもなる。

 さらに、検査データは秘匿性が高いことも問題のひとつ。提携医療機関の医師に対して、サーバに保管している検査データに高速かつセキュアにアクセスしてもらえる環境が必要だった。

 そこで同クリニックでは、院外からのデータ参照のために、2004年10月より画像配信システム「Flex View」の構築を開始。その中核となるインフラに、Citrix Presentation Serverを採用した。

 Citrix Presentation Severを使った画像配信システムでは、サーバ上で処理された結果だけをクライアント側に画面イメージとして送信するため、大容量の画像データを高速に処理できるようになる。また患者のデータをサーバ側で一括管理でき、医師のPCには作業した検査データを残さないため、高いセキュリティを実現した。

 さらに、海外出張時にもインターネット経由で画像データを参照できるほか、緊急時に院外から携帯電話で接続して画像データを参照できるような仕組みも構築している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]