編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ゼンド・ジャパン、「Zend Platform 2.1.2 日本語版」をリリース

CNET Japan Staff

2006-04-19 16:24

 ゼンド・ジャパンは4月18日、PHPサーバの運用管理と高速化を実現する新バージョン「Zend Platform v2.1.2 日本語版」をリリースしたことを発表した。

 Zend Platformシリーズは、PHPを使用しているサーバに導入することで、多くの強力な機能を実装。Enterprise市場に対応するウェブアプリケーション環境を提供する。同シリーズは、PHPの実行スピードの高速化を実現する一方、PHP運用管理および監視、セッションクラスタリング、Java連携の効率化など、通常のPHP環境では提供していない機能を実装する。

 今回リリースされた新バージョンでは、PHPの最新バージョンであるPHP 5.1に対応することで、PHP 5.1をさらに高速化する。また、導入効果を測定する機能を改良することで、より手軽に導入効果のを測定できるようになった。ユーザーインタフェースも改善されている。

 対応プラットフォームは、Linux glibc x86/x86-64(AMD64/EMT64)の対応デストリビューションTurbolinux、RedHat Enterprise Linux、FedoraCore、Suse Linux Enterprise Server、FreeBSD 5.4/5.5/6、Sparc Solaris 8/9/10となる。

 また対応するPHPバージョンは、4.3.9 以降/4.4.x/5.0/5.1。対応ウェブサーバは、Apache 1.3x/2.0.x(compiled in prefork mode のみ)。対応Webブラウザは、Internet Explorer 5.5以降、Netscape 7以降、Mozilla 1.7以降、Firefoxとなる。

 価格は、通常ライセンス(使用期限なし)Zend Platform 1CPUが48万円、Zend Platform 2CPU+が78万円。価格には初年度年間アップグレードサービスを含む。1年間の期間限定ライセンスでは、Zend Platform 1CPUが18万円、Zend Platform 2+CPUが28万円。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]