編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

日立、製造業向けRFID活用ソリューション「HitRimp」を製品化

CNET Japan Staff

2006-04-24 20:07

 日立製作所情報・通信グループは4月24日、世界最小クラスの非接触ICチップ「ミューチップ」をはじめとするRFIDタグを活用し、工場における製造ラインの設備/部品管理や工場内への入退場管理などを可能にする製造業向けRFID活用ソリューション「HitRimp」(ヒットリンプ)を製品化したことを発表した。2006年4月26日より出荷を開始する。

 同製品は、茨城県日立市にある同社の大みか事業所の製造ラインでRFIDタグの適用を進めた際に蓄積したノウハウをベースに開発したもの。今回は、製造ラインの設備について、設置から廃棄までの履歴管理や稼働スケジュールなどの情報を一元管理する「HitRimp/設備管理」のほか、工場内への入退場管理の「HitRimp/入退場管理」、アクティブタグを利用して位置情報を管理する「HitRimp/ロケーションマネージャ」を提供する。

 価格は、HitRimp/設備管理が315万円より、HitRimp/入退場管理が157万5000円より、HitRimp/ロケーションマネージャが315万円より。HitRimp/ロケーションマネージャは、2006年6月30日に出荷が開始される予定。日立では、今後3年間で70億円の売上を見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]