編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

SAP、シーベル製アプリケーション向け第三者サポートサービスを提供へ

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:河部恭紀(編集部)

2006-05-15 15:32

 SAPは米国時間5月15日、Siebel Systemsのアプリケーションを利用するOracleユーザーを対象とした第三者保守サポートサービスの提供を発表する予定だ。

 同サービスを提供するのはSAPの完全子会社であるTomorrowNowで、SAPは、Oracleの保守サポートサービスの半分の価格でサービスを提供することで、Siebelユーザーを獲得しようと考えている。

 今回の動きは、エンタプライズアプリケーション市場でOracleに対抗しているSAPやTomorrowNowにとって特に珍しい動きではない。TomorrowNowは、PeopleSoft、J.D. Edwardsなど、Oracleが買収したほかの企業製品向けに第三者保守サポートサービスも提供している。

 SAPは、来週のユーザーカンファレンス「Sapphire」までにいくつかの発表を行う予定で、その一貫として、TomorrowNowがSiebelの「5.x」「6.x」「7.0x」「7.5x」「7.7x」のアプリケーションシリーズを最長10年間サポートし、新しいセキュリティ更新ファイルとバグ修正ファイルを提供することを発表する予定だと、SAPの広報担当者は言う。

 TomorrowNowは、Siebelのアプリケーションの継続使用を希望するユーザー向けの三者保守サポートサービスを、SAPの「Siebel Safe Passage Program」の形で提供できるようにする。同プログラムは、SAPのCRM(顧客関係管理)ソフトに移行中のSeibelユーザーに提供するためのものだと、SAPの広報担当者は言う。

 TomorrowNowは、北カリフォルニアの「Research Triangle Park」内にSiebelサポートオフィスを開設している。同オフィスには、Siebel出身のサポートメンバーが複数在籍する。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]