編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

デルとEMCジャパン、メールとファイルシステムのアーカイブシステムを提供

ニューズフロント

2006-05-23 18:38

 デルとEMCジャパンは5月23日、日本版SOX法などの法令順守や、内部統制用途に向けたメール/ファイルシステムのアーカイブシステムを、同日より受注開始すると発表した。デルのIAサーバ「PowerEdge」に、EMCジャパンのポリシーエンジンソフト「EMC DiskXtender」、ストレージ製品「EMC Centera」などを組み合わせて提供する。「既存のメール/ファイルサーバの変更が必要なく、短期間かつ低コストでの導入が可能」(両社)という。

 メールのアーカイブシステムは、マイクロソフトの「Microsoft Exchange Server」にアーカイブ機能を追加する。シマンテックのメールアーカイブソフト「Symantec VERITAS Enterprise Vault」を用いて、Exchange Serverが送受信するメールのログを記録し、EMC Centeraに自動保存する。

 ファイルシステムのアーカイブシステムでは、EMC DiskXtenderでファイルサーバのデータを取得し、EMC Centeraへ保存する。同一内容のファイルが複数存在する場合は、EMC Centeraが単一ファイルにまとめて保存し、ディスク容量の圧迫を抑える。またファイルサーバの使用状況をもとに、重複ファイルや利用率の低いファイル、不適切なファイルの有無などを分析、レポートを提供する。

 デルの技術コンサルティング部門DPSがコンサルティング、設計、構築、保守といったサービスを一括提供する。このほか専用Webサイト上で、ケーススタディやホワイトペーパーなどを提供するとしている。

 価格はメールのアーカイブシステムが500ユーザー・ライセンスあたり1665万5730円から。ファイルシステムのアーカイブシステムが1431万6540円税込から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]