編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

サークルK、マニュジスティックスの流通/小売向けソリューションを採用

CNET Japan Staff

2006-05-26 17:12

 マニュジスティックスは5月24日、サークルKがアリゾナ地域の店舗網の需要予測システムを改善し、必要な商品を、必要なときに、適切な店舗に届けるために、マニュジスティックスの流通/小売向けソリューションを採用したと発表した。

 サークルKは、石油会社系列を除くコンビニエンスストアチェーンで北米2位。カナダのコンビニエンスストア大手、Couche-Tardのグループ会社で、世界中に4900店舗を展開している。

 今回の採用では、Couche-Tardが最終的な意志決定を行っている。操作性に優れ、需要予測から補充まで、需要管理に必要な多くの機能を網羅しているとことを評価してマニュジスティックスを採用している。同社はなお、JDAソフトウェアとの経営統合を準備中。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]