編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

理化学研究所など、1ペタフロップスの高速コンピュータを構築--理論性能でBlueGene/Lの約3倍

CNET Japan Staff

2006-06-20 09:11

 独立行政法人理化学研究所(理研)と日本SGI、インテルの3法人は6月19日、理論ピーク性能1ペタフロップスの分子動力学シミュレーション専用コンピュータ・システム「MDGRAPE-3(エムディーグレープ・スリー)」の構築に成功したことを発表した。1ペタフロップスは、1秒間に1000兆回の演算を行う能力を指す。

 このシステムは、理研の開発した分子動力学シミュレーション専用LSIチップである「MDGRAPE-3チップ」を24個搭載したユニット201台(計4808チップ)に、インテル製のXeonプロセッサ5000番台(開発コード名:Dempsey)コアを256個搭載した並列サーバ64台と、Xeonプロセッサ3.2GHz(2次キャッシュ1MB)コアを74個搭載した並列サーバ37台を接続した構成。

MDGRAPE-3システム 理化学研究所の横浜研究所に設置されたMDGRAPE-3システム。6月24日に一般公開される予定

 スーパーコンピュータの性能ランキング「TOP500(www.top500.org)」(2006年6月16日現在)リストで第1位にランクされている汎用スーパーコンピュータは、米ローレンスリバモア研究所の保有する「IBM BlueGene/L」。この理論ピーク性能は360テラフロップスであり、MDGRAPE-3はその約3倍の性能を有することになる。

 なお、MDGRAPE-3は「Linpackベンチマーク」を実行できないため、同ランキングに登場することはない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]