編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

アライドテレシス、中小企業向けVoIPソリューション「VioCall SMB」を販売開始

CNET Japan Staff

2006-08-18 18:37

 アライドテレシスネットワークスとアライドテレシスは8月17日、中小企業向けに最適化されたVoIPシステムをコンサルティングやサポートまで含めて提供するVoIPソリューション「VioCall SMB(ヴィオコールSMB)」の販売を開始すると発表した。

 VioCallは、アライドテレシスネットワークスが提供するVoIPソリューションのブランド名。その第1弾となるVioCall SMBでは、従業員数50人以下の中小規模企業がターゲットとなる。SIPサーバとITSP/PSTNゲートウェイを一体化したアプライアンスサーバと、ユーザー自身が内線番号の追加や変更を行えることが特徴という。

 機器構成は、アプライアンスサーバ「VioCall Manager SMB」のほか、SIP対応IP電話機「CentreCOM CP100TX」などのIP電話機、レジデンシャルVoIPゲートウェイ「CentreCOM RG601TX」、エンタープライズVoIPゲートウェイ「CentreCOM EG2004TX-BRI」および「CentreCOMEG1004TX」など。

 導入に際しては、コンサルティングから、機器選定、ネットワーク設計/施工、導入後のサポートまでを一括で提供できる体制を構築しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]