編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

MSIとマイクロソフト、制約理論ベースのプロジェクト管理手法で協業

ニューズフロント

2006-08-23 19:17

 MSIとマイクロソフトは8月23日、クリティカルチェーンプロジェクトマネジメント(CCPM)分野で協業すると発表した。これにより、両社はプロジェクト管理ソフト「Microsoft Office Project」とCCPMソフト「CCPM+」について、販売およびマーケティング活動で協力する。

 CCPMは、制約理論(TOC)と呼ばれる経営管理手法にもとづくプロジェクト管理手法。CCPM+は、CCPM対応プロジェクト管理をOffice Project上で利用可能とするためのアドインソフトである。米Advanced Projectsが開発し、MSIが日本語化の支援や日本語版の販売を行っている。

 両社によると、「Office ProjectとCCPM+を組み合わせることで、企業におけるプロジェクトの期間短縮が可能」という。MSIでは、マイクロソフトとの協業を通じ、初年度にCCPM+販売数1万セットを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]