編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

フューチャー、Ruby言語ベースの非同期処理ライブラリ「AP4R」を公開

CNET Japan Staff

2006-09-06 16:43

 フューチャーシステムコンサルティングは9月5日、Ruby言語ベースの非同期処理ライブラリ「AP4R」を公開した

 AP4Rは、オープンソースソフトウェア(OSS)軽量言語、Rubyによる高生産性フレームワーク「Rubyon Rails」に、非同期処理を追加するためのライブラリ。フューチャーの研究開発部門は、すでに非同期・分散処理機能を持つメッセージング基盤を開発しており、そのノウハウを応用して新規開発したという。

 同社は、AP4Rの拡張を手始めに、今後もOSSとコミュニティに継続的な貢献や支援を展開する予定としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]