ロココとインフォテリアが協業--各種DBと自動組版ソフトの連携で出版制作の生産性を向上

目黒譲二

2006-09-07 11:10

 ロココとインフォテリアは9月6日、ロココの自動組版ソフトウェア「METAWORKS 2」と、インフォテリアのデータ連携ソリューションスイート「ASTERIA」による、商品カタログや情報誌の制作を支援するソリューション提供のための協業を開始した。

 METAWORKS 2は、商品カタログや情報誌、新聞など、データベースとの連携が必要な出版物を、アドビシステムズのプロ向けレイアウトソフト「InDesign CS2」上で自動生成するソフトウェア。DTPにおける繰り返しの編集業務を自動化することにより、業務を効率化し、制作コスト削減と期間短縮を実現する。

 一方、ASTERIAは、データ連携に必要な処理をアイコン化して用意することにより、それらをマウスで直感的に配置していくことで様々なシステムのデータを連携させることが可能な、GUIベースのEAIソフトウェアだ。

 今回の協業により、企業内に存在するさまざまデータベースとMETAWORKS 2を連携させる際、個々に必要となっていたインターフェース開発をASTERIAで一本化することができ、ASTERIAの各種機能を利用することによって、高度な要求を満たすパブリッシングソリューションの提供が可能になったとしている。

 また、本ソリューションは、METAWORKSの旧版で、大手SI企業により全国規模の大手新聞社に導入された実績があるが、ロココとインフォテリアが直接協業し、企業内システムとASTERIAとの連携SIをロココが手がけることにより、低価格化を実現したという。

 なお、両社は、本ソリューションを紹介するセミナーを29日に開催する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]