ディップ、「Salesforce」を導入--新卒社員研修でも利用、受注額2000万円に

CNET Japan Staff

2006-09-08 15:58

 セールスフォース・ドットコムは9月7日、総合求人情報サイトを運営するディップが「Salesforce」を活用し、新入社員の即戦力化で活用していることを発表した。

 ディップは、Salesforceの導入で、テレセールスからアポイント後の直接営業活動へと体制を変更。営業を分業化するなどの効率化を図り、統合型セールス体制を構築した。

 また、2006年度に採用した約200人の新卒社員の2カ月間にわたる営業研修でも活用。新規アポイント獲得率6%を達成し、最後の30日間で受注額が2000万円に達した。

 ディップは2005年11月にSalesforceの導入を決定。その後3カ月で全社統一の顧客データベースを作成し、2006年2月から運用を開始しており、現在のユーザー数は500を超えているという。

 今後は、オンデマンド・プラットフォーム「AppExchange」を活用し、経理システムなどと連携したシステム活用を図る。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]