編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

日本オラクル、DBのセキュリティ機能を拡張する「Oracle Database Vault」を発表

CNET Japan Staff

2006-09-20 13:20

 日本オラクルは9月19日、アクセスコントロールによって機密性の高いデータやアプリケーションの保護を可能にするセキュリティ製品「Oracle Database Vault(オラクル・データベース・ヴォルト)」を発表した。

 同製品は、「Oracle Database 10g」に組み込んで使用し、内部の脅威から機密情報を守ることに加え、機密に携わる業務を2人以上の人間で担当することを可能にする。これにより、データベース管理者(DBA)に権限を一点に集中することなどで生ずるリスクを解消し、企業のコンプライアンスへの対応を強化できる。

 また、アクセスコントロール機能を活用し、一般ユーザーに対してデータアクセスへの段階的な制限を加えることが可能。既存のアプリケーションや管理者の日常業務に変更を加える必要はないため、データベースのパフォーマンスと利便性を維持したまま、セキュリティを高めることができる。

 価格は「Processorライセンス」(CPU当たりのライセンス)と「Named User Plusライセンス」(指名ユーザー当たりのライセンス)の2通りがある。Processorライセンスは、1CPUあたり250万円(税別)、Named User Plusライセンスは、1人あたり5万円(税別)。10月17日から出荷を開始する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]