編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

IBM、インテグレーテッド・コミュニケーションズ・サービス部門を設立

CNET Japan Staff

2006-09-28 18:35

 IBMは米国時間9月26日、さまざまなネットワークを介して、場所と時間の制約を超えたビジネスコミュニケーションの実現を目指す新部門「インテグレーテッド・コミュニケーションズ・サービス部門」を設立すると発表した。

 同部門は、Fortune 500企業から中規模企業までを対象に、アセットベースで、再利用可能かつ標準化されたネットワークおよびコミュニケーション・サービス・プロダクトの提供を行う。サービスを“サービス・プロダクト”として提供することで、従来の工数ベースのサービスをテクノロジー製品に類似した方法で提供する戦略を取る。

 提供するのは、通信ネットワークのコンサルティング、設計、導入、運用までのソリューションなどのサービス。通信事業者などとの協業に基づき、複数のベンダーが絡むプロジェクトを技術的に統合して管理するという。

 具体的には、統合コミュニケーションサービス、ネットワーク戦略策定および最適化サービス、モバイルワイヤレスRFIDサービス、ネットワーク統合および管理サービスの4つのサービスがあり、ネットワーク統合サービスとIPテレフォニー・サービスはプロダクト・サービスとして提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]