編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

日本BEA、TuxedoアプリをSOA対応にする新製品「BEA Salt 1.1」の出荷を開始

CNET Japan Staff

2006-10-04 10:11

 日本BEAシステムズは10月3日、C、C++、COBOLプログラミング言語を使用して開発されたBEA TuxedoアプリケーションをWebサービスを通して直接アクセスするためのソフトウェア新製品「BEA Salt(Services Architecture Leveraging Tuxedo)1.1」の出荷を、2006年10月5日より開始することを発表した。

 BEA Salt 1.1は、既存のIT資産をプログラムを変更することなく、SOA(サービス指向アーキテクチャ)に基づいたシステムで活用できるようにする新製品。既存のC、C++、COBOLソフトウェア資産をJava EEや.Net環境に対応するための工数やコストを削減することが可能。評価版は、同社のウェブサイトから無償でダウンロードできる。

 同製品は、金融、通信、製造、流通、運輸、公共などの基幹システムとしてトランザクション処理を行うミッションクリティカルな企業ITシステムや、既存のOSS(Operation Support Systems)およびBSS(Billing Support Systems)などをWebサービスとして利用でする通信業界向けシステムの構築などで有効になる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]