2006年度の「日本OSS貢献者賞」の受賞者が発表--Seasar比嘉康雄氏も選ばれる

吉澤亨史 2006年10月10日 20時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独立行政法人の情報処理推進機構(IPA)は10月10日、優れたオープンソースソフトウェア(OSS)の開発者を表彰する「2006年度日本OSS貢献者賞」の受賞者を選定したと発表した。

 今回は自薦、他薦により広く推薦を受けた50名の候補者から、審査委員会の審査によって受賞者を決定した。受賞者4名は以下の通り。

  • 比嘉康雄氏:J2EEサーバのDI(Dependency Injection:依存性注入)コンテナ「Seasar」の開発
     最新技術をOSSとして実装したことに加えて、優れたプロジェクト運営により開発コミュニティに成長させていること、ビジネス市場に大きな影響を与えていることも評価された
  • 平林俊一氏:C++統合開発環境「WideStudio/MWT」の開発プロジェクト
     LinuxやBSD、MacOS、BTRONなど多数のプラットフォームに対応しており、C/C++、Java、Rubyなど広範囲なプログラミング言語をサポートしているOSSは「世界でも類を見ない」(IPA)。海外を含めて数万人の利用者がいる
  • 山本博之氏:メールソフト「Sylpheed」の開発
     山本氏は大学時代から開発を続けている。さまざまなプラットフォーム上で広く利用されており、主要なメールソフトとして認識されている。多くのメールソフトがビジネスベースで開発されているのに対して、「主に個人として地道な活動を続け、世界に広めた実績は高く評価できる」(IPA)
  • 吉藤英明氏:Linux用IPv6プロトコルスタック「USAGI」の開発
     吉藤氏は、IPv6プロトコルスタックをLinux本体のソースコードツリーに統合するために尽力、Linuxにおける日本からの大きな貢献の一つとみなされている。「大学での研究成果を反映・還元している良いモデルケース」(IPA)

 日本OSS貢献者賞は、日本におけるOSS開発の振興を図ることを目的としたもので、今回で2回目となる。影響力のある開発プロジェクトを創造、運営した開発者やグローバルプロジェクトにおいて活躍する卓越した開発者や普及に貢献した者を表彰するというもの。

 2006年度日本OSS貢献者賞の表彰式は、10月24日に明治記念館において開催される「IPAフォーラム2006」で表彰式が行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化