シーベル本社跡地がセールスフォースのインキュベーションセンターに

藤本京子(編集部)

2006-10-11 17:48

 米国サンフランシスコで開催中のイベント「Dreamforce '06」にて、オンデマンドプログラミング言語およびそのプラットフォームとなる「Apex」を発表したSalesforce.com。このApexでユーザーと開発者コミュニティにより広くアピールしようとするSalesforce.comが、Oracleに買収されたライバル企業Siebel Systemsの本社跡地にインキュベーションセンターを設立する。

 サンマテオが第一の拠点となるそのインキュベーションセンターの名は、「AppExchangeインキュベーター」。Apexを使ったアプリケーションの開発を行うベンチャー企業を中心に、オフィススペースはもちろん、技術インフラや製品開発、セールスおよびマーケティングのサポートなどを提供する。

Robinson氏 AppExchangeインキュベーターについて説明するPhill Robinson氏

 サンマテオのAppExchangeインキュベーターは、2007年第1四半期(2月〜4月)にオープンする予定。その後の計画としては、「バンガロール、シンガポール、そして日本にも同様の拠点を設置する」と、同社の最高執行責任者(COO)Phill Robinson氏は述べている。「まずは約100社のベンチャー企業を支援したい」(Robinson氏)

 同社が自らベンチャー企業に投資する予定はないが、ベンチャーキャピタルとベンチャー企業を結びつける場としても機能する。Robinson氏によると、AppExchangeでアプリケーションを公開した企業が、すでに数社のベンチャーキャピタルから投資を受けているという。「今回のイベントでも多くの投資家がこうしたベンチャー企業を発掘しようと多数参加しており、ベンチャー企業と投資家が出会うにはこうしたインキュベーションセンターが最適だ」とRobinson氏は言う。

 同氏は、ベンチャー企業がこうした施設を利用する利点について、「ベンチャー企業は、アプリケーションを開発しても販路の開拓などに苦労するケースが多い。ApexとAppExchangeを利用すればインフラや販路の開拓を気にすることなく、開発に注力できる。また、こうした施設を利用すれば横のつながりもでき、パートナー企業との連携も容易になる」と述べている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]