編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

IBMとMS、企業向け電子メールアーカイブで提携

文:Richard Thurston(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2006-10-23 12:49

 MicrosoftはIBMと提携し、増え続けるデータの管理で顧客を支援する電子メールアーカイブ製品を投入する。

 IBMは、共同マーケティング契約の一環として、Windows Serverにアーカイブサービスをバンドルすることになる。

 この製品は、IBMの電子メールアーカイブソリューション「CommonStore」、「System Storage Archive Manager」ソフトウェア、そしてディスクストレージシステム「System Storage」を中心に構成される。同製品は、電子メールを最適なフォーマットで格納できるよう組織を支援することを目指す。IBMは、ディスクとテープの両方をまたぐ多層ストレージシステムを提供することとなる。

 調査会社IDCによると、企業が扱う電子メールの量は5年で4倍に達しており、2010年には電子メールアーカイブソリューションの売り上げが10億ドルに達する予想だという。

 IBMによると、アーカイブに対する需要は主に、経営効率の追求、事業継続性、訴訟時の電子メールの回復に対するニーズから来ているという。

 IBMのストレージ担当バイスプレジデントKristie Bell氏は、「この提携が、電子メールアーカイブ分野における両社のシェア拡大につながるはずだ」と語っている。

 Bell氏は、「競合各社が提供する特定のソリューションと異なり、このソリューションでは顧客がほかのOS環境を追加して管理する必要がなく、Windowsプラットフォーム上に自社のアーカイブソリューションを導入できるようになる」と加えた。

 IBMでは、自社の電子メールアーカイブソリューションとLotus Notesを既に統合済みである。

 同社では、オープンソースOSとも同様の提携を結んだかどうかについては明らかにしていない。

 MicrosoftとIBMのバンドル製品は、定価5万3000ドルからで2007年の第1四半期に発売される。IBMでは、今後ほかにも各種専門サービスを提供していく。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]