編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

オラクル、Oracle Applicationsを中核としたISVソリューションマップを発表

CNET Japan Staff

2006-10-27 23:09

 Oracle Corporationは10月23日、同社のエンタープライズアプリケーション群「Oracle Applications」を提供する独立系ソフトウェアベンダー(ISV)パートナー製品の位置づけを示す「オラクルISVソリューションマップ」を発表した。

 ISVソリューションマップは、Oracle製品と相互補完的な各ISV製品を含む包括的なエンド・ツー・エンドの業界別、水平型のビジネスプロセスソリューションを示したもの。どのコンポーネントがOracleから提供されており、どのコンポーネントがISVパートナーから提供されているかを容易に把握できる。

 今回、Oracleは、ソリューションマップの第一弾として、ハイテク業界、通信業界、ヒューマンキャピタルマネジメントの3つのマップを発表。今後1年間で、航空宇宙/防衛分野から公益事業分野までのソリューションや、CRMやSCMなどのソリューションにおけるソリューションマップを発表していく方針だ。

 オラクルISVソリューションマップは、同社のウェブサイトで提供が開始されている。なお、パートナー各社向けにOracle PartnerNetwork Portalを通じても提供される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]