編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

日本市場向け「ホット・プラガブル」構想を発表--日本オラクルがSOA戦略を強化

山下竜大(編集部)

2005-10-24 21:10

 日本オラクルは10月24日、同社のミドルウェア戦略の1つでオラクル以外のミドルウェア製品やデータベースと「Oracle Fusion Middleware(OFM)」を構成するソフトウェアを容易に統合することを可能にする「ホット・プラガブル(Hot-Pluggable)」構想における日本市場向けの展開について発表した。

 ホット・プラガブル構想は、OFMを構成する各ソフトウェア製品をモジュール構造にすることで、オラクル以外のミドルウェア製品やデータベースとの容易な統合を可能にする取り組み。

 統合開発環境である「Oracle Application Development Framework」やO/Rマッピングツールの「Oracle TopLink」、BPELツールの「Oracle BPEL Process Manager」、セキュリティ環境の「Oracle Identity Management」などを、オープンソースのJBossや、IBMのWebSphere、BEAのWebLogicなどのアプリケーションサーバ上で使用可能にする。

「ホット・プラガブルは既存の資産を有効に活用し、より良い環境を実現できる」と三澤氏

 日本オラクルの執行役員 システム事業推進本部長、三澤智光氏は、「アプリケーション開発の現場は、アプリケーションサーバにより“作って動かす”だけの時代から、ミドルウェアを使用して“安定運用し連携させる”時代へと変化している。そこで有効なのがOFMであり、ホット・プラガブル構想だ」と話す。

 日本市場における具体的な取り組みとしては、DOPG(旧、分散オブジェクト推進協議会)が、WS-I Basic Profileに基づくWebサービスの相互接続実証実験を実施したことが2005年10月に発表されている。また、Oracle BPEL Process Managerと.NET Webサービスの接続性も確認されている。

 さらに日本オラクルでは、国内の主要ISVパッケージベンダーと相互運用性の検証を行っており、その結果を10月28日に公表する予定。そのほかSOA拡大に向けた取り組みとして、100名以上の担当者を育成することで社内体制を強化するほか、パートナー向けトレーニングの強化やエンドユーザー向けのOracle University研修コースを2005年11月より拡充する計画としている。

 このホット・プラガブル構想は、2005年9月に米Oracleがサンフランシスコで開催したユーザーカンファレンス「Oracle OpenWorld San Francisco 2005」(OOW 2005)で発表されたもの。同カンファレンスで同社の共同社長であるCharles Phillips氏は、「OFMの特長は、包括的(Comprehensive)で、ホット・プラガブルで、Unbreakableであること」と話している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]