編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

シーベル、オラクルとの合併効果を顧客に説明

Martin LaMonica(CNET News.com)

2005-10-19 18:27

 ボストン発--Siebel Systems幹部は米国時間17日、同社の今後の製品計画について詳しく説明し、提案されているOracleとの合併計画の利点について、顧客の理解を得ようと努めた。

 当地で開催中のSiebelのCustomerWorld会議で、同社最高経営責任者(CEO)のGeorge Shaheenは、SiebelのCRMソフトウェアがOracleのCRM製品で重要な位置を今後は占めることになると述べた。

 同氏は、提案されているOracleによる58億ドルの合弁計画は市場における両社の立場を強化するものだと力説し、顧客に支障をきたさないようにスムーズに合併を行うと約束した。

 OracleのCEOであるLarry Ellisonは、Siebel顧客に向けた短いビデオメッセージで会議に参加し、SiebelのCRMアプリケーションがOracleとの合併後の製品ラインの土台になるとやはり強調した。

 Ellisonはまた、Siebelが自社のアプリケーション用に構築した柔軟な標準ベースのアプリケーションデザイン、いわゆる、サービス指向のインフラストラクチャ(SOA)に関する業績も高く評価した。

 「われわれはSiebelがSOAで達成したことや、またその土台がFusionに関するOracleの計画に見事に調和していることに大きな期待を寄せている」とEllisonは述べた。

 OracleのFusion Middlewareは、同社の標準ベースのインフラストラクチャソフトウェアで、ポータルやセキュリティ、そしてビジネスインテリジェンスのような共通機能を提供するものだ。

 SiebelはOracleとの合併に向けて着々と準備を進めている最中だが、それでも幹部らは同社が「customer-adaptive solutions(顧客適応ソリューション)」と呼ぶ製品の次世代に取り組んでいると述べた。

 Siebel幹部は、知識労働者が顧客の視点に立った仕事をするときに、より良い情報を得ることができるようにSiebelアプリケーションを改善することに重点を置いていると述べた。例えば、ある企業の販売部長が、売上を増大する目的で販売地域の見直しに先立ち、販売動向を分析することが考えられる。

 Siebelアプリケーションに対して計画されている改善点として、さまざまなシステム間のデータ統合や顧客関係を改善するためのモデリングツールが挙げられる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]