SAPジャパンが第3四半期の業績を発表--ライセンス売り上げが19%増加

山下竜大(編集部) 2006年11月03日 12時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPジャパンは11月2日、ビジネスの状況や第3四半期の業績などについてプレス向けに紹介する説明会を開催した。同社の第3四半期ソフトウェアライセンス売り上げは前年比65%増、9月末までのソフトウェアライセンス売り上げも前年比で19%増加している。

 ビジネスが好調な要因は、カスタマーリレーションシップ管理(CRM)やサプライチェーン管理(SCM)、統合アプリケーションプラットフォームである「SAP NetWeaver」によるenterprise SOA(サービス指向アーキテクチャ)などの分野が大きく成長したこと。主力であるERP製品も堅調な伸びを示したとしている。

SAPのRobert Enslin氏 「日本のビジネスは引き続き好調」とSAPのRobert Enslin氏。

 SAPジャパンの代表取締役社長、Robert Enslin氏は、「ビジネスをグローバルに展開するためにはSCMが不可欠となっていることからSCMの成長は期待していた。一方、CRMが軌道に乗るのは1〜2年ごと考えていたので嬉しい誤算だった」と話す。

 業種別では、ハイテク分野や小売/卸分野、サービス業などが成長。内部統制対策などの案件も増加している。営業面では、バリューエンジニアリングによる営業支援を強化。当初8名だった人員を15名に拡大している。そのほか、パートナー経由の売り上げも増加した。

 第3四半期にSAPジャパンでは、業務機能をenterprise SOA対応のサービスとして実装した「mySAP ERP 2005」の提供を開始。2010年まで、コアモジュールをバージョンアップすることなく機能拡張が可能な仕組みを実現した。

 Enslin氏は、「2010年までベースとなる基盤を利用できるのは顧客にとって大きなメリットだ。mySAP ERP 2005により、堅牢なIT基盤を確立することが可能。顧客企業は長期的なIT戦略を計画しやすくなる」と話している。

 enterprise SOAは、Webサービスの設計、構成、展開をエンタープライズレベルで実現し、ビジネス要件への対応を支援する全社規模のビジネスソリューション。SAPが蓄積したノウハウとWebサービスやその他のオープンスタンダードの柔軟性を組み合わせることで、業務処理とITインフラの適応性や柔軟性、オープン性を実現。TCO(総保有コスト)の削減を可能にする。

 このenterprise SOAの実現に向けSAPジャパンでは、ISV向けの体制を確立。東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)との提携により、enterprise SOAに特化したコンピテンスセンターを設立したほか、2006年10月に日本ヒューレット・パッカード(日本HP)と「SAP Discovery System」の販売で協業することを発表している。

 また、パートナービジネスの強化では、2006年10月に富士通が「SAPグローバル・サービス・パートナー・プログラム」に参加したことを発表。富士通の業種ノウハウやサービスの実装能力とSAPの包括的なエンタープライズアプリケーションを融合し、両社で合意した地域や業種に対して、共同拡販プログラムを展開することを発表している。

 そのほか、2006年8月には、中堅・中小市場向けのERP導入を加速する「SAP ファースト・ステップ・キット」キャンペーンを年内限定で実施。300万円、500万円、1980万円を中心とした価格帯で、アイ・ピー・エス、NECネクサソリューションズ、日立情報システムズなどが提供することを発表している。

 中堅・中小市場向けとしては、2006年10月にデルと提携することも発表。SAPジャパンの中堅・中小企業向けERPソリューション「SAP Business One」を最小構成価格98万円より提供することも発表している。

 Enslin氏は、「企業買収の増加による短期間での規模拡張へ対応や日本版SOX法をはじめとするコンプライアンスおよびリスク回避に向けたソリューションの確立、アジアをはじめとするグローバル化への対応など、迅速で柔軟なソリューション開発の必要性が高まっている。また、中堅企業のIT投資が堅調に伸びていることなどが、日本のビジネスを牽引している」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化