編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

一足先に「Exchange Server 2007」を体験!--MSなどがプロモサイトを開設

ニューズフロント

2006-11-07 19:08

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)、マイクロソフト、丸紅情報システムズの3社は10月7日、次期メッセージングサーバ「Microsoft Exchange Server 2007」の機能を体験できるプロモーションサイト「Try Exchange!」を開設した。同サイトにアクセスすると、サーバ環境を構築せずにExchange Server 2007のさまざまな作業環境を体験することができる。

 Exchange Server 2007は、マイクロソフトが2006年内に提供を開始する予定のメッセージングサーバ。各種クライアント機器向けアクセス環境を提供し、メールセキュリティやコンプライアンス機能の強化を図ったという。

 プロモーションサイトでは、Microsoft Officeの各アプリケーションやWindows Mobile対応機器からExchange Server 2007にアクセスし、実際の業務を模した操作が行える。たとえば、Outlookクライアントからの接続、スケジュール共有、会議開催依頼の確認、ファイル共有といったシナリオを体験できる。

 プロモーション用サイトのシステム構築/運用は、丸紅情報システムズが行う。サーバなどは、日本HPが提供している。

 3社は、同サイトを2007年6月30日まで運営し、2万人に体験してもらうことを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]