編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

パナソニックネットワークサービシズ、企業サイト運営者向けCMS新版を発売

ニューズフロント

2006-11-10 09:07

 パナソニックネットワークサービシズ(PNS)は11月9日、企業サイト運営者向けコンテンツ管理システム(CMS)の新版「DBPS V2.60」を12月1日に発売すると発表した。新たにオンラインヘルプ機能や、操作/認証ログ機能などを追加した。

 DBPSはサーバ上で動作し、静的HTMLなどによるコンテンツの制作、管理、更新、ウェブ公開を行う。新版では、管理画面にオンラインへルプへのリンクボタンを設けるなど、インターフェースを改良して操作性を高めたとする。

 また既存顧客からの要望に対応し、DBPSでの更新系操作や認証の履歴を保存する機能を追加。このほかコンテンツの検索機能を拡充し、公開状態、最終承認日、最終更新日などの条件で絞り込みを行えるようにした。複数のコンテンツを一括して承認、削除する機能も提供する。

 サーバの最小ハードウェア構成は、CPUがIntel Pentium D 3GHz、メモリは1Gバイト ECC SDRAM、ストレージはRAID1 160Gバイト2基(シリアルATA)。

 ミドルウェア構成は「Sun JDK 1.4.x」「Tomcat 4.x」「MySQL 4.1.x 」とする。OSは「Windows Server 2003 Standard Edtion(SP1)x86(32ビット)」、「Red Hat Enterprise Linux ES3 x86(32ビット)」、「Solaris10 x86(64ビット)」のいずれか。

 本体価格は190万円からとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]