編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

OSS本流のベンチャーとして日本からアジアへ展開--ミラクル・リナックス - (page 3)

宍戸周夫(テラメディア)

2007-02-19 09:03

日本に根ざしたディストリビューションを目指す

 市場には、Red Hat、Novell SUSEを筆頭に数多くのLinuxディストリビューションが存在する。そこでのミラクル・リナックスの存在意義は何か。

 それに対し、佐藤氏は「日本にカーネルのディベロッパー集団を抱えているということです」と明確に答える。OSSの世界はオープンであるといいながらも、現実的にはベンダーロックインが進んでいると指摘する人も多い。

 そこで、ベースはオープンソースでありながら、外字の問題などを含め、日本の要求をきちんと取り込めるディストリビューションは必要だ。さらにはキャリア系などを含め何かトラブルがあってもきちんと対応できる。すべてが米国ということでではなく、そうした基盤を日本として持っておくことはきわめて重要である。

 さらにミラクル・リナックスは、この日本を基盤にして韓国、中国などアジアとの連携を深めている。日本OSS推進フォーラムでも北東アジアという枠組みでOSS推進活動を進めているが、結果的にはこれと同様に、同社も開発とハードウェアおよびソフトウェアのサーティフィケーション(動作保証)を中心に連携を進めている。これは同社の重要な活動のひとつだ。

 「21世紀はアジアの時代と言われています。ITテクノロジにおいても同様なことが言えると思います。これまでの米国中心のITからOSSをベースとした新しいパラダイムシフトが始まろうとしているのです。日中韓が協業してアジア発のOSSテクノロジが世界をリードする、そんな夢物語が現実する日が必ず来るでしょう。そして中国のレッドフラッグ・ソフトウェア、韓国のハーンソフトの3社によるAsianuxプロジェクトがその中核的な役割を担うことができると考えています」(佐藤氏)

 その取り組みは、2007年に設立される「アジアナックス・コーポレーション」という枠組みの中でより具体性を持つことになるだろう。

ミラクル・リナックスの佐藤氏 ミラクル・リナックスの代表取締役社長である佐藤武氏。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]