編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NECとトレンド、不正接続検知アプライアンスとセキュリティソフトを連携

CNET Japan Staff

2007-03-28 17:40

 NECとトレンドマイクロはこのほど、両社の協業による検疫システムが4月2日から利用できるようになると発表した。

 この検疫システムは、NECの不正接続検知アプライアンス「InterSec/NQ30b」とトレンドマイクロの法人向け総合セキュリティソフト「ウイルスバスター コーポレートエディション」を連携させて構築した。両社は、2007年1月よりパートナー制度「InfoCage WORKS」で協業しており、今回の発表はその成果の第1弾となる。

 新システム提供により、NECはInterSec/NQ30bの売上を前年の1.5倍に増加させることを目指す。

 InterSec/NQ30bは、接続を許可されていない機器のネットワーク接続を検知・防止し、個人情報漏洩やウイルス感染を予防する。既存ネットワークを変えずに導入可能となっており、システムのセキュリティを保つために必要となる情報を収集・監視・通知する管理ソフト「WebSAM SecureVisor SiteManager」と連動し、許可されていない機器が接続された場合にはシステム管理者への通知処理を行う。

 今後両社は、NECが今後提供を予定しているセキュリティマネジメントソフトウェア「InfoCage Management」シリーズなどの分野でも連携ソリューションを提供していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]