編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本クアンタム、デデュープ/レプリケーション・アプライアンスを販売

CNET Japan Staff

2007-04-11 19:21

 日本クアンタムストレージは4月10日、データデデュープ技術とレプリケーション技術を実装したディスクベースのバックアップアプライアンス「DXi」シリーズの国内正式販売を開始した。出荷も開始している。

 DXiシリーズは、重複したデータを保存しないことで、中小規模およびデータセンター環境でバックアップディスクのデータ保存量を向上させることができる製品。データデデュープ技術を使用することで、散在したサイト間のディザスタリカバリ向けのツールとして、WANベースのバックアップデータのリモートレプリケーションを可能にする。

 今回ラインアップされたのは2製品。最大バックアップ容量540テラバイ、最大スループットが1時間あたり800ギガバイトの「DXi5500」と最大バックアップ容量210テラバイト、最大スループットが1時間あたり290ギガバイトの「DXi3500」だ。

 統合バックアップ・アプライアンスとして機能するため、バックアップソフトウェアに対しては、Fibre Channel/iSCSI接続を備えたNAS(CIFS/NFS)/仮想テープライブラリ(VTL)として利用できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]