編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ブロードバンドタワー、仮想ホスティングを提供へ--メインフレーム技術応用

CNET Japan Staff

2007-04-25 21:17

 ブロードバンドタワーは4月25日、メインフレームの仮想化技術を用いた仮想ホスティングサービス「Collective Hosting(コレクティブホスティング)」の提供を5月9日から開始すると発表した。

 同サービスは、物理的なサーバ台数を削減し、データセンター内のスペースの効率化および消費電源の削減を図るもの。利用するシステムアプリケーションのOSやミドルウェアを統一化することにより、システムピーク時に合わせたシステム構築を行う必要がなくなり、TCO(総所有コスト)の削減を期待できる。

 今回のサービスには、日本IBMが提唱する、1台のサーバで複数のLinuxサーバを仮想的に展開する技術を用いている。この技術を用いることで、従来のIAサーバと比較して、サーバの台数が最大20分の1、消費電源も従来のIAサーバと比較して、最大30分の1にまで削減可能であり、運用コストの低減化を実現できるとしている。

 同社では、システムに一部IAサーバを組み合わせたサービスを通じて、さらに幅広い顧客ニーズに応えるサービスを提供したい考えだ。

 参考価格は、現行IAサーバが20台とすると、仮想サーバの台数が10台、CPU100リミット、メモリ4Gバイト、HDD500Gバイト、ネットワーク100Mbpsが2つで約200万円となっている。

イメージ図 今回のサービスに用いられるシステムのイメージ図

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]