編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ウェブエックス、SaaS型のグループウェアサービス「WebExOne」を販売開始

CNET Japan Staff

2007-05-16 17:52

 ウェブエックス・コミュニケーションズ・ジャパンは5月15日、SaaSモデルの中小企業向け新グループウェアサービス「WebExOne」(ウェブエックスワン)の受注・提供を開始したと発表した。

 WebExOneは、WebExが事業統合したイントラネッツのグループウェアサービス「Intranets PRO」をリニューアルし、WebExブランドとして日本市場に投入された。スケジュール管理、文書共有、伝言板などの機能を、標準的なブラウザとインターネット接続のみで利用できる。

 また、CRMやSFAなどの「データベース機能」を搭載。データベースを業務にあわせて共有することも可能だ。なお、共有設定の際に製品にバンドルされているテンプレートを使用することもできる。「Webフォルダ機能」によって、自社サーバのようにWindowsのエクスプローラ画面から文書を共有することが可能になっている。

 さらに、カスタマイズ性が非常に高く、インターフェースやデザインなどを変更できるほか、利用者のパスワード管理、利用状況監視など管理機能にも搭載されている。なお、日本市場向けの独自機能としてモバイル連携にも対応している。

 価格は、5ユーザー、250Mバイトの最小構成で月額5040円。

画面例 WebExOneの画面例

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]