複雑さが増すゲーム開発の現場により高い生産性と最新の技術を--Autodesk

柴田克己(編集部) 2007年05月29日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 PLAYSTATION3やXBOX360、そしてWiiなどのゲーム機が市場に登場し、消費者の評価もある程度明らかになってきた。一方で、それらのプラットフォームに対してコンテンツである「ゲームソフト」を供給するゲームデベロッパーは新たな課題に直面しつつある。ハードウェアスペックの向上によって、開発現場で扱うべきデータの量は増大し、その管理も複雑さを増しているのだ。

 かつてのAliasを傘下におさめ、現在「Maya」と「3ds Max」というゲーム開発の現場で標準的な2つの3Dグラフィックツールを扱うこととなったAutodeskでは、こうした課題の解決に最優先で取り組んでいるという。

 オートデスク メディア&エンターテインメントで、シニアゲームインダストリーマネージャーを務めるMichel Kripalani氏と、同じくプロダクトマネージメント(3D)シニアディレクターを務めるMichel Besner氏に、同社ツールのメリットや、ツールベンダーから見た現在のゲーム市場について話を聞いた。

--現在、オートデスク メディア&エンターテインメントが扱う3Dツールとして、大きく「Maya」と「3ds Max」という2製品があります。これらの現在の状況を教えてください。

Kripalani 2006年1月にAliasを買収しAutodeskの製品となった「Maya」については、バージョン8.5が初の日本語版として2007年4月にリリースされました。また、もうひとつの製品である「3ds Max」は、特に欧米での影響力が強い製品で、現在バージョン9です。

 重要なのは、いずれの製品も市場で大きな成功を収めており、それぞれのビジネス戦略は、それぞれに成功しているという点です。現在、両製品は、ユーザーの好みやワークフローのありかたなどによって選択されています。

 Autodeskでは、各ツールで作り出したアセットが、互いのツールを自在に行き来できる環境を作り、相互の接続性を高めていくことを目指しています。

--それぞれのツールの実際の適用事例を教えてください。

Kripalani それは答えるのが大変な質問です。なぜなら、PCやゲームコンソールを問わず、世界で流通している大半の3Dゲームは、Autodeskのツールを使って作られているからです。日本の主な開発スタジオも、ほとんどが弊社のツールを使っています。

 最近、これらのスタジオに新たに導入されたのは「MotionBuilder」と呼ばれるツールです。これは、大規模な3Dリアルタイムアニメーション制作における効率性を高めるためのスタンドアロンの製品ですが、Mayaや3ds Maxなどのツールと補完し合うことができます。すでにエレクトロニック・アーツ(EA)やソニーをはじめとする主要なゲームデベロッパーに導入されており、実際のゲーム制作に使われています。

 またAutodeskでは、ツールと同じテクノロジーを、実際のゲームのエンジンにも使うことが重要だと考えています。そのため、「Autodesk HumanIK」と呼ばれるミドルウェアをデベロッパーにライセンスしています。EAでは、HumanIKのライセンス供与を受けており、同社製の多くのゲームに、このミドルウェアが使われています。

--ゲームコンソールの機能が向上するのに伴い、ゲームの開発もより大規模になっているという話を聞きます。そうした変化によって、開発ツールに求められる性能はどのように変化しているのでしょうか。また、それに対して、Autodeskはどのような対応をしていますか。

Kripalani 2つの答えがあります。

 ひとつは、Autodeskでは、ハードメーカーをはじめとする主要なゲーム開発を行っているベンダーと緊密なやり取りをしながら、最新のコンソールに対する理解を深め、われわれのツールを使う開発者が、アセットを作る上で最新のプラットフォームに対応できるようにしています。

 もうひとつは、われわれは「作業の効率性を高める」ツールの提供にフォーカスしています。ワークフローの効率性を改善し、アーティストが同じ時間で、より多く、より質の高いアセットを作り出せることを念頭に置いています。

 確かに、前の世代の開発者にとっては、2Dから3D開発への移行やネットワーク接続への対応といったことが課題でした。今の世代の開発者は、扱うべきデータ量の増加や複雑さといった課題に直面しています。われわれは、これらについて克服すべき大きな挑戦であると考えており、そのためのツール開発にリソースを投入しています。

Besner その点で、Autodeskには、他のツールベンダーにはないユニークな強みがあります。それは、これまでも非常に規模の大きなユーザーにおけるプロジェクト管理を助けてきた経験とノウハウが蓄積されている点です。また会社として、橋梁、高層ビルの建設、建築、製造、設計といった分野でのツール開発、運用サポートのノウハウもあります。そこで培われた知識と経験は、今後、ゲーム制作にも生かせる部分が多くあります。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]