編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日新火災、少量種目の保険証券のIT化で「SVF」と「StraForm-X」を導入

CNET Japan Staff

2007-06-12 13:03

 ウイングアーク テクノロジーズは6月11日、日新火災海上保険が少量多品種種目の保険証券のIT化で同社の帳票開発ツール「Super Visual Formade(SVF)」と入力画面開発ツール「StraForm-X(ストラフォーム・エックス)」を導入したことを発表した。

 日新火災では、これまで手作業で対応していた少量多品種種目の保険証券分野で、顧客サービスの向上と社内業務効率化を図り、保険証券をサーバ経由で印刷する「多機能印刷・照会システム」を構築。すでに導入していたSVFに加え、ウェブ入力画面作成ツール「StraForm-X」を採用したことで、この仕組みを実現した。

 営業・損害サービスの現場では、担当者がウェブブラウザを使って必要な帳票フォームと帳票データを呼び出し、顧客の問い合わせに返答する際の照会に使用している。

 稼働時期は2006年。要件定義からカットオーバーまで半年の期間で稼働に漕ぎ着けた。導入後、手作業が減り帳票の電子化が実現できたことから、今後は代理店に配布している帳票のペーパーレス化も計画している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]