仮想化のワザは「分身」「合体」「変身」の3タイプ--仮想化技術をひも解く(1)

谷川耕一 2007年07月04日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想化が大流行だ。毎日報道されるIT系ニュースの中には、少なくとも1つや2つは仮想化に関連するものがあるだろう。しかし、仮想化と一口に言っても、さまざまな仮想化の技術がある。サーバの仮想化、ストレージの仮想化、ネットワークの仮想化、さらにはアプリケーションの仮想化にファイルやメモリの仮想化などというものまである。

 流行の仮想化なのだが、自分でどれくらい中身を理解できているだろうか。よく耳にする「仮想化の技術は最近のものではなく、昔からメインフレームなどでは当たり前の技術だ」という話もある。古いものから新しいものまで、そしてさまざまな領域のすべての仮想化技術を詳細に把握することは難しい。それでもなんとか時代に乗遅れないために、これから数回に渡って流行の仮想化の技術をやさしく紐解いていきたいと思う。

 「まずはサーバの仮想化について説明を始めよう」というのが、普通の進め方かもしれない。しかし、今回はなるべく分かりやすくということで、仮想化タイプの違いから考えてみたい。

仮想化のワザその1:分身の術

 まず最初の仮想化の形は、分身の術だ。白土三平氏の忍者マンガなどでよく登場するワザだが、忍者が高速に移動すると残像ができいくつもの分身に見えるのが分身の術。仮想化技術における分身の術も、これと同じ理屈と言ってもいいかもしれない。高速に移動できる、つまりは高速なCPUなどでリソースに余裕があるときにはそれを分割し、あたかも複数の仮想化マシンがあるように見せかけることができるのだ。

 この余裕のあるリソースを分割するというのが、いまもっとも流行している仮想化の技術であろう。これはCPUのリソースに限った話ではない。十分に大きなストレージであれば、これを分割し複数のサーバからあたかも自分専用のストレージ装置のように見せかけて利用することもできる。

仮想化のワザその2:合体の術

 分身の次は合体だ。こちらは小さなリソースを合体して、大きなリソースに見せかけるというもの。あいにく忍びの術に該当するものはないが、SFなら複数の乗り物が合体して巨大なロボットになる場面を思い描けばいいだろう。Oracleなどの推奨しているグリッド技術がこの典型的なものだ。簡単に説明すれば、複数のサーバがあっても、合体してアプリケーションからは1台の強力なデータベースサーバに見えるというものだ。

 ストレージの場合には、RAID装置などを思い浮かべてもらえればいいだろう。RAIDの種類の細かい違いについてはここでは説明しないが、RAIDでは複数の物理的なディスク装置を1つの大きなストレージとして利用できる(実際には、必ずしもサイズが大きくなるとは限らないが)。

 ネットワークの例も挙げよう。過去に普及したISDNで、1本なら64kbpsだが2回線分を使って2本で128kbpsというサービスを利用していた人もいるのではないだろうか。この時もメールやウェブのアプリケーションが1本使うのか2本使うのかを切り替えていたわけではない。これも、物理的な2回線分を束ね、あたかも高速な1回線に見せかけていた仮想化技術だったのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
仮想化

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化