編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

OracleのSVP、Fusionへの移行策やOn Demand戦略語る

大野晋一(編集部)

2007-08-07 18:14

 Oracle OpenWorld Asia Pacific 2007の4日目、最終日のテーマはアプリケーション。基調講演では、OracleでApplication Strategyのシニア・バイス・プレジデントを務めるJesper Andersen氏がApplications UnlimitedやFusion Applicationsといった同社の戦略について語った。

 OracleではE-Business SuiteやSiebel、PeopleSoft、JDEdwardsといった製品群を統合し、2008年にFusion Applicationsとしてリリースする計画を明らかにしている。その一方で既存ユーザーの保護を目的とし、それぞれの個別アプリケーションに対しても継続的なサポートとアップデートを約束している。

 Jesper Andersen氏はこの日も、このApplications Unlimited戦略を改めて強調、Oracleアプリケーションの顧客には選択の自由があるとした。

 その上で同氏は、Oracleの次世代アプリケーションであるFusion Applicationsに言及、Fusion Applicationsはユーザー、運用者、パートナーそれぞれに新しい体験をもたらすとする。つまり、Web 2.0など、新しいパラダイムによる新しいユーザー体験、統合されることによる大幅に進化した運用性、標準ベースのSOAアーキテクチャーによるパートナーによる容易な拡張や統合だ。

 同氏はFusion Applicationsへの移行プログラムのひとつも明らかにした。Oracleでは、Fusion Upgrade Program Officeという組織を作り、Oracleアプリケーション既存顧客のFusion Applicationsへのアップグレードを推進している。組織の責任者はOracleシニア・バイス・プレジデントのCliff Godwin氏。日本オラクルによれば、既存顧客がFusionにアップグレードするタイミングや意義、メリットなどを調査、分析して、顧客に伝える。顧客の環境に合わせたより適切なタイミングでのアップグレードとその支援策を明示し、それにより得られる価値を訴求することで既存顧客をアップグレードを推進する。という目的を持つという。

 また、基調講演中、同氏は2つの分野について「精力的な投資」をすると言及している。ひとつはGRC(Governance Risk Compliance)ソリューション、もうひとつはOn Demandだ。ただ、On Demandに関しては、OracleのOn DemandとOn Premise(従来型:パッケージをユーザーのシステムで運用する)は同じコードベースの製品であるため、On Demandアプリケーションに限定した投資は少なくて済むという利点を語る。また、Applications Integration ArchitectureによってOn DemandとOn Premiseを連携可能ともする。こうした特徴をいかして、On DemandとOn Premiseのハイブリッドソリューションが可能なことがOracleの強みとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]