Fusionの11gはまだだけど…… 買収によりミドルウェアを完璧に近づけたOracle

大野晋一(編集部) 2007年08月01日 13時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracle OpenWorld Asia Pacific 2007の3日目はミドルウェアがテーマとなる。ミドルウェアの次世代版、Fusion Middleware 11gについての情報はサンフランシスコのOpenWorld(もしくはそれ以降)まで待つ必要があるかもしれないが、前回のOpenWorldから行った買収に基づく成果がいくつか披露された。

 ミドルウェアビジネスは現在のOracleにおいて最も速いスピードで成長している分野となる。同社社長のCharles Phillips氏は2日目の基調講演で「アプリケーションとデータベースの間にあるものは全てミドルウェア」と述べていた。ここを広い範囲でカバーし、同社の完全でオープンなソリューションの基盤となるのがFusion Middlewareだ。ミドルウェアへの投資は同社のアプリケーションビジネスにも活きるため、積極的に行なわれている。

 プレスカンファレンスでは、「我々は単にミドルウェアビジネスに参加しているだけではない。この市場を再定義し、数年のうちにNo.1となる」(Oracle Fusion MiddlewareのバイスプレジデントRoland Slee氏)と業界で最も高い成長率を背景とした強気の発言も聞かれた。

 同社はこのビジネスをより完全なものにするため、ミドルウェア分野での買収にも積極的だ。このうち大きなものとしてHyperion、Stellent、Tangosol、Bharosaを挙げることができる。

 Hyperionは財務向けのパフォーマンスモニタリングツール。この買収により、Oracleはセールスなどをモニタリングするビジネスインテリジェンス、システムをモニタリングするパフォーマンスモニタリングに加えてフィナンシャルモニタリングのツールを手に入れたことになる。今後は様々なアプリケーションの情報から財務的な分析をするツールやインタフェースとして活用されるはずだ。

 Stellentはコンテンツマネージメントツール。映像や画像などのアセット管理、版権管理を行うもの。特にこれまでオラクルがリーチしずらかった、エンターテインメント市場などのコンテンツホルダーへアプローチがStellentの既存顧客を通して可能となる。最終的にはOracle Collaboration Suiteと併せて、Oracle Database上のコンテンツ管理がより完全なものとなるだろう。

 Tangosolはデータグリッドと呼ばれるソリューションを持つ。これまでOracleでグリッドといえば、データベースのReal Applications Cluster(RAC)だった。つまり、アプリケーションで扱うデータを一度RACに入れてしまえば可用性が保持できる、というわけだ。また、データベースとアプリケーションの間に入れるキャッシュとしてTimesTenも持っている。TangosolのCoherenceはJavaオブジェクトとしてキャッシュやレプリケーションの機構を提供する。これにより、SQLによる永続化を行わなくて済むという利点のほか、永続化をMQやウェブサービスといったサービスを通して行うことができるという利点も生まれる。ミドルウェアグリッドを補強するものだ。この分野における次の可能性としては、Entetprise Managerを使ったシステムプロビジョニングの強化と、データベースも併せたリソースの自動配分が考えられるだろう。これらの機能がFusion Middleware 11gのキーフィーチャーとなるのかもしれない。

 Bharosaはリスク・ベース・オーセンティケーションといわれるセキュリティソリューションを持つ。IDとパスワード以外の情報を元にした認証を行うことができるというものだ。例えば、IDとパスワードは正しいものの、通常なら考えにくい、国外からの大量な取引などを検知し、遮断するといったことが可能となる。

 また、セキュリティ分野ではPasslogixから技術提供をうけての機能強化も行われている。これまでヘルプデスクを介して行っていたパスワード紛失時のアカウントリセットなどを自動化するというものだ。こうしてシングル・サイン・オン関連の機能が大幅に強化されてる。この分野で現在不足している機能としてはロール管理が挙げられる。つまり、階層的なアクセス制御ではなくデータベース管理者やシステム管理者といった役割による制御だ。現在はIDごとにアクセス権を定義することで行っている管理を大幅に効率化することができる。ロールベースのアクセス管理は近いうちに買収などで解決することが期待される。

 アプリケーションビジネスにおける業界特化型ソリューション獲得が目立ったOracleの買収戦略だが、ミドルウェアビジネスでもこうした強化が行われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化