オープンソースCRMソフトのSugarCRM、「2年以内に株式公開する」--CEOが意向を明らかに

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-08-28 11:15

 アプリケーション会社SugarCRMの最高経営責任者(CEO)John Roberts氏によると同社は、2年以内に株式公開手続きを行う意向であるという。

 SugarCRMは3年前に発足した会社で、Roberts氏の言によれば、オープンソースのビジネスモデルを高品質な顧客関係管理(CRM)アプリケーション開発に適用する「実験」として設立されたそうだ。同社は米国時間8月27日、アプリケーションスイートのメジャーアップデートとなる「Sugar 5.0」のベータをリリースした。

 Roberts氏によるとSugarCRMは創業以来、ベンチャーファンドによる2600万ドルの出資よりもむしろ、主に売り上げによる資金確保で成長を維持してきたという。

 同氏は「現在、たいへんな勢いでユーザーが増加している段階にある。『(株式公開を)望んでいる状態』から『(株式公開に向けて)動き出している状態』になった」と述べた。

 現在125人の従業員を擁するSugarCRMについてRoberts氏は、数年のうちに年間売上1億ドルまで成長可能だとしている。

 同氏は、オープンソースのビジネスモデルをアプリケーションパッケージに適用する試みはSugarCRM設立以前には例のなかったものだが、このビジネスモデルにより同社は急成長し、また高品質なソフトウェアの開発に集中できたと述べた。

 部外者がソースコードを閲覧できるオープンな環境でソフトウェアエンジニアリングを行うことで、製品開発のプロセスが改善したという。

 販売も容易になった。ローエンドバージョンの製品を無料で利用可能にしたため、有料製品ユーザーのほとんどは購入前から製品について知識を持っており、費用のかかるセールスやマーケティングのプロセスが必要なかったという。

 Roberts氏は、他社がSugarCRMの手法を真似る可能性があると指摘した。データベース会社MySQLは株式公開の意向を表明し、ミドルウェアメーカーJBossは4億2000万ドルでRed Hatに買収された。オープンソースのハイパーバイザーソフトウェアを元に商用製品を開発しているXenSourceは先週、5億ドルでCitrixに買収された。

 Roberts氏の主張によると、従来のソフトウェア企業はマーケティングとセールスに多くを費やしすぎて、研究や開発に手が回らなくなっていたという。

 同氏は「わたしは、すばらしいソフトウェアを書き上げようとシリコンバレーにやってきた。しかしここへきて、企業向けソフトウェア会社のこうした問題に気づいた」と述べた。

 Sugar 5.0でのアップグレードは、アプリケーションの基礎をより堅牢にして、大規模利用に適したものにすることを重点としている。

 Sugar 5.0の最終バージョンは2007年9月下旬か10月上旬のリリース予定で、General Public License version 3.0でリリースされる。

 新機能には各アプリケーションと密接に統合されたAjax製電子メールクライアントなどがあり、オンデマンドバージョンも刷新される。オンデマンドのインストールは、SugarCRMユーザーの40%を占めている。

 新バージョンには「Module Builder」も含まれ、企業ユーザーが独自アドオンの開発や共有をビジュアルに行うことができる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]