編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ネットアップ、中堅企業のストレージニーズに応える新製品「FAS2000シリーズ」を発売

柴田克己(編集部)

2007-09-07 15:06

 日本ネットワーク・アプライアンス(ネットアップ)は9月7日、主力ストレージ製品群「NetApp FASシステム」の中堅企業をターゲットとした新製品「FAS2000シリーズ」の提供を開始した。

 ネットアップでは、従業員100人から1000人規模の中堅企業を「Midsize Enterprise(MSE)」と位置付けており、今回の「FAS2000シリーズ」は、このMSE市場のストレージニーズに特に応えるものという。

Richard Clifton氏 Network Appliance、ネットワーク・ストレージ事業部門シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのRichard Clifton氏。

 Network Appliance、ネットワーク・ストレージ事業部門シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのRichard Clifton氏は、MSE企業の抱える問題として、ストレージシステムにかけられるコストが少なく、スペシャリストがいないといった点に言及した。

 その状況の中で、バックアップやリストアのための時間を確保したり、災害対策を行わなければならないプレッシャーにさらされている点を指摘し、「(FAS2000シリーズでは)使いやすさ、管理の容易さ、ビジネスアップタイムの拡大、電力、冷却コストを含む全体的なコスト削減といった形でMSEにおけるストレージニーズに対応できる」(Clifton氏)とする。今回の新製品は、同社として、今後MSE市場へ戦略的に取り組んでいくという意志の表れでもあるという。

 今回、販売が開始されたFAS2000シリーズの2製品は、最大ストレージ容量24.6Tバイト、システムあたりの最大ディスクドライブ数40、ECCメモリ2Gバイトの「FAS2020」と、最大ストレージ容量69Tバイト、システムあたりの最大ディスクドライブ数104、ECCメモリ4Gバイトの「FAS2050」。いずれもストレージプロトコルは、FCP、iSCSI、NFS、CIFSに対応する。

 FAS2020は、FASシリーズにおける従来のローエンドであるFAS250/270といった製品のリプレース、FAS2050はミッドレンジ製品である「FAS3020」とローエンドとの間隙を埋める製品という位置づけだ。FASシリーズにおいては、ローエンドからハイエンドのすべての製品を通じて共通のアーキテクチャ「Data ONTAP」を採用しており、管理面、ソフトウェア面での互換性が保たれる。

 また、発表会では、ネットアップとVMwareとのパートナーシップについても触れられた。Clifton氏は、「VMwareにより仮想化されたサーバと、その仮想化技術に対応したネットアップのストレージの組み合わせにより、IT展開の加速、アプリケーション可用性の向上、選択の自由度が向上する」と述べ、両社の技術面での緊密な協力体制を強調した。既に、VMwareとネットアップ製品を組み合わせて導入しているユーザーは3000以上にのぼり、用途としては、Exchange、SharePoint、SQL Serverなどを利用する大規模なWindowsファームに加え、Linuxにおけるハイパフォーマンスコンピューティングなどでも使われているという。

阿部恵史氏 日本ネットワーク・アプライアンス、マーケティイング部部長の阿部恵史氏。

 日本ネットワーク・アプライアンス、マーケティイング部部長の阿部恵史氏は、今回の新製品について「FASシリーズについては、シングルアーキテクチャのアプローチをとってきたが、従来のローエンドの製品構成では、キャパシティや拡張性の面で、ミッドレンジ製品とのギャップが大きかった。今回発表したFAS2020のエントリモデルは、従来製品よりもコストパフォーマンスを改善しつつ性能を上げ、そのギャップを埋めるもの。ハイエンドストレージで実証済みのアジリティを低コストで実現できる。中堅企業においても、資産としてのデータ価値、コンプライアンスのためのデータの重要性は高まっている。FAS2000シリーズは、価格だけがプライオリティではないユーザーのニーズにも対応できるもの」とした。

FAS2000シリーズ 9月7日より提供が開始された「FAS2000シリーズ」。エントリモデル(1.8Tバイト)で347万7000円からの「FAS2020」(左上)と、拡張性にも優れた「FAS2050」(右下)。

 なお、FAS2000シリーズも、ハイエンド機種と同様、同社のプロフェッショナルサービスとサポートの対応機種となっている。現在の運用状況と、将来的な成長を見据えた、導入、運用計画を立てることが可能という。

 FAS2000シリーズの参考価格は、「FAS2020」(1.8Tバイト:300GバイトSAS×6)が347万7000円より、「FAS2050」(1.7Tバイト:144GバイトSAS×12)が427万5000円より(いずれも税別)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]