編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
VMWorld

VMworld 2007開催--32MバイトのハイパーバイザーをUSBメモリで参加者に配布

藤本京子(編集部)

2007-09-12 12:52

 VMwareは9月11日、仮想化をテーマにしたイベント「VMWorld 2007」を米国サンフランシスコにて開幕した。VMwareは、このイベントの直前にサービスコンソールを省いたハイパーバイザー型仮想化ソフト「VMware ESX Server 3i」を発表したばかり(関連記事 )。基調講演でも同社 社長兼CEOのDiane Greene氏はこの製品を中心に紹介した。

Greene氏 VMware社長兼CEOのDiane Greene氏

 ESX Server 3iは、従来のESX Serverから管理コンソールを省いたものだ。コンソールをなくすことで、ESXのサイズを98%削減でき、32Mバイトというコンパクトなハイパーバイザーを実現した。イベント会場では、USBメモリに入った3iが参加者に配られた。

 Greene氏は、「32Mバイトしかないため、フラッシュメモリの中に入れて持ち運び、そのままサーバに入れてすぐに仮想化環境が提供できる。サービスコンソールがないため、セキュリティも高く管理も容易だ」とアピールした。

 3iは、サーバベンダーが各社のサーバに組み込んだ状態で出荷することになる。2007年内にも3iを搭載したサーバがリリースされる予定で、Dellをはじめ、IBM、Hewlett-Packard、Fujitsu-Siemens、NECなどが3i搭載サーバを提供するという。サーバに組み込まれた形のみならず、VMwareでは3iのダウンロード販売も予定している。

 基調講演の会場では、3i搭載サーバを最初に出荷する予定のDellがデモを行った。「3iの設定は非常に簡単で、社長やCEOでも仮想化環境が作れる」と話し、Greene氏に仮想化の設定を促した。実際報道関係者の中には、配布されたUSBメモリ型3iを使って、デスクトップ上でESXの仮想化環境を数分で実現する者もいた。

 Greene氏は、「今後ハードウェアは仮想化環境が整った状態で出荷されるケースがますます増えていくだろう。仮想化でインフラをダイナミックに変化させ、自動的にディザスタ管理ができるようになる。そして、データセンター自動化につながっていくのだ」と述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]