編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

GMO-HS、最大100Mbpsまでを専有できる「帯域保証回線サービス」を提供

目黒譲二

2007-09-13 21:42

 GMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS)は9月13日、同社のホスティングブランド「アイル」の専用型ホスティングサービス「プライベートサーバ・サービス」のオプションとして、最大100Mbpsまでの帯域を専有できる「帯域保証回線サービス」を提供開始した。

 帯域保証回線サービスは、最大100Mbpsまで必要なだけの帯域を専有して、安定したネットワーク回線の利用を実現するギャランティ型サービス。

 複数ユーザーで帯域を共有するベストエフォート型とは異なり、他のユーザーによるトラフィック量の影響を受けず、常に安定した企業サイトの運営を維持することができるという。

 変動するトラフィック量に合わせて1Mbpsごとに利用する帯域の増速・減速を柔軟に設定でき、期間限定キャンペーンなど、サイトへのアクセス急増が予測される一定期間のみ、帯域を増速させてサイトパフォーマンス強化を図ることができる。

 また、帯域の利用状況をリアルタイムに把握できるツールにより、ネットワークトラフィックの監視、トラフィックの増減傾向の分析など、臨機応変なサーバー運用に役立つ情報を提供するとしている。

 価格は、初期設定費用が1万500円、月額利用料金が1Mbpsごとに2万6250円となっている。

 なお、13日から28日までに契約したユーザーに対し、初期設定費用と利用料金1カ月分相当を指定の口座にキャッシュバックする「帯域保証回線サービス 誕生記念キャンペーン」を実施する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]