Canoo、RIA向けJavaライブラリ「UltraLightClient 6.2」リリース

原井彰弘

2007-09-19 17:22

 9月13日、Canooはリッチインターネットアプリケーション(RIA)向けのJavaライブラリ「UltraLightClient 6.2」をリリースした。

 UltraLightClientは、Swingのユーザインタフェースコンポーネントと、サーバサイドJava EEのアーキテクチャとのギャップを橋渡しするライブラリ。開発にJavaを用いることによって、Ajaxの深みにはまることなくリッチクライアントアプリケーションを開発することを可能にするとしている。

 UltraLightClient 6.2では、同ソフトウェアを用いて開発したアプリケーションのテスト用アドオンが追加され、より容易にテストを行うことができるようになった。このアドオンは、テスティングフレームワークの「JUnit」とUIのテスト用ライブラリ「Jemmy」を用いてユーザインタフェースのテストを行えるようにするもので、遅延ローディングのようなUltra Light Client固有の機能も考慮して設計されているという。そのほかにも、いくつかの新機能が追加されている。

 UltraLightClientはライセンス制で、価格は開発者1人につき1499ドル。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]