編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

日本オラクル、SOA導入アセスメントサービス「Roadmap to SOA」を提供開始--顧客企業のSOA化を支援

山下竜大(編集部)

2007-10-02 20:29

 日本オラクルは10月2日、SOA(サービス指向アーキテクチャ)の導入を検討している企業を対象としたSOA導入アセスメントサービス「Roadmap to SOA」の提供を、2007年11月下旬より開始することを発表した。

 Roadmap to SOAは、同社が2003年より1000社を超えるSOA導入支援を行ってきたノウハウやベストプラクティスをSOA導入のための方法論として体系化したアセスメントサービス。すでにグローバルで170案件以上に採用された実績があるという。

 同アセスメントは、「SOAには興味があるが何から初めて良いのか分からない」とか、「適用した場合の投資対効果が見えにくい」などの課題を抱えている企業のSOA化を支援するためのもの。現状を把握するためのアセスメントからSOA適用ロードマップの作成、ベネフィット分析などを実施し、報告書/提案書として成果を提供する。

 SOA成熟度アセスメントでは、インタビューやワークショップを通じてSOAの準備状況を調査。技術や理解度など、7つの項目について企業の現状を数値化し、顧客企業の担当者と現状を共有、SOAを推進するために必要な項目について議論する。

 また、プロジェクトの選定と優先順位付けでは、迅速に成功できる小さなプロジェクトはないか、重点項目を伸ばせるプロジェクトは何か、重点項目を検証できるプロジェクトはないかなど、実際にSOAを実装するプロジェクトを5段階のプランに照らし合わせて決定する。

日本オラクルの三澤氏 日本オラクル 常務執行役員 システム製品統括本部長、三澤智光氏。

 さらに、効果分析では、必要な項目に値を入力することで定量的なROI(投資利益率)をシミュレートできるツールを提供。従来型のシステム構築とSOAのコスト比較や開発期間、運用コストなどのシミュレーションにより、効果的なIT投資の実践を可能にする。

 日本オラクルの常務執行役員 システム製品統括本部長、三澤智光氏は、「Roadmap to SOAは、すでにバージョン3が提供されている実績のあるSOA導入のための方法論だ。日本でも、すでに多くの引き合いがあるが、年内に3案件を実施する計画。日本での実績を作り、2008年には20〜30案件をサポートできる体制を確立したい」と話す。

 当初は、日本オラクル内のSOAスペシャリスト12名で提供を開始、人員の育成やパートナーとの協業などにより、2008年には対応人員を50名程度に増やす計画。Roadmap to SOAの価格は300万円より。実施期間は2週間よりとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]