MIJS企業訪問(第15回)BSP--改めて目指す「“日の丸ソフト”海を渡る」 - (page 3)

宍戸周夫(テラメディア)

2007-11-07 16:00

 MIJSではオーバーシーズ・オペレーション部会はもちろんだが、技術部会や人材採用・育成部会でも活動している。通常、これらの部会に出席しているのはマーケティング部統括リーダの結城淳氏と、海外事業推進室リーダの伊藤徹氏の2人。

 「技術部会では、異なる各種ERP製品の連携が話題になっていますが、われわれはそれとは違ってインフラ基盤の整備、つまりワーキンググループ3で活動しています。上流でアプリケーションが連携しても、そのインフラがしっかり整っていなければならないということを意識して、運用で支え、高品質なMIJSのサービスを提供しようと考えています」というのは結城淳氏だ。

 しかし、BSPのMIJSにおける最大のテーマは海外進出である。

 「製造業も、ゲームソフトも世界を席巻しているのに、ビジネスソフトは成功していません。海外のマーケットは大きいし、世界中で製品を売りたいという気持ちは当然あります。しかし、これまでと同じ手法ではやりません。たとえば、アメリカに進出するときに、中国からやってもいいと考えています。ソフトはどこで作ってもいいのです」

 BSPは年内に中国・上海に子会社、BSP上海(備実必(上海)軟件科技有限公司)を設立し、2008年1月から営業開始する予定だ。

 BSPの世界市場に向けての捲土重来が、まったく新たな形で始まろうとしている。

結城淳氏 マーケティング部統括リーダの結城淳氏

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
経営

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]