編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Java向けBDD用テスティングフレームワーク「JDave 1.0-rc1」リリース

原井彰弘

2007-11-22 20:17

 JDaveプロジェクトは11月20日、Java向けのテスティングフレームワーク「JDave」の新バージョン「JDave 1.0-rc1」をリリースした。

 JDaveは、ソフトウェア開発における「ビヘイビア駆動開発(BDD)」を促進するために開発されたJava向けのテスティングフレームワーク。BDDとは、ユニットテストを「仕様」という観点で捉えた開発手法。テスト駆動開発(TDD)と本質的には全く同じだが、テストではなく「仕様」の概念に重きが置かれているのが特徴である。

 JDaveは、RubyのBDD対応テスティングフレームワーク「rspec」から影響を受けて開発されたもので、モックオブジェクトフレームワーク「JMock 2」を統合している。また、マッチングライブラリとして「Hamcrest」を利用しているのも特徴だ。

 今回リリースされた新バージョンでは、新たにMapオブジェクトに値が含まれているかどうかを仕様として記述することが可能になったほか、finalが付加されたクラスやメソッドのモックにも対応した。また、仕様を記述する際に「must」という語を利用できるようになった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]