編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Leopardのバックアップ間隔を「TimeMachineScheduler」で管理

荒浪一城

2007-11-27 16:57

 Mac OS X 10.5 Leopardの目玉機能「Time Machine」。定期的にHDDをバックアップする機能だが、バックアップ間隔が1時間とあらかじめ設定されている。しかし、この間隔はちょっと短すぎると思う向きもあるのではないだろうか。

 今回紹介する「TimeMachineScheduler」は、TimeMachineの自動バックアップ機能を無効にし、別の起動エージェントをインストール、バックアップの時間を1〜12時間間隔で設定することができるようになる。

 対応するプラットフォームは、Intel製CPUもしくはPowerPCが搭載されたMac OS X 10.5。設定には管理者権限が必要となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]