編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Safari 3で採用されているエンジン「WebKit 3」の10の新機能

原井彰弘

2007-11-16 15:12

 先日発売されたMac OS X 10.5(Leopard)に標準搭載されているブラウザ「Safari 3」。Windows向けのベータ版も公開されたことから注目を集めているSafariだが、表層的な新機能について語られることは多いものの、内部の性能向上について触れられる機会は多くない。

 そんな中、Safariの中核となっているエンジン「WebKit」の公式ブログで、WebKit 3(Safari 3で採用されているエンジン)の新機能を以下の10項目にまとめて紹介している。

  • リッチテキスト編集機能の向上
  • JavaScriptやDOMの高速化
  • ページ読み込みの高速化
  • SVG(Scalable Vector Graphics)のサポート
  • XPathのサポート
  • XML関連技術の新規サポートや機能の向上
  • フォームのスタイル変更のサポート
  • CSSの表現力の向上
  • メモリ使用量の減少
  • ウェブ開発者向けツールの追加

 詳細は、The Webkit Open Source Project内に設置されたブログ「Surfin' Safari」エントリを参照されたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]