編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

フォトレポート:今度は「Windows SideShow」--フリースケールがプログラミングコンテストを開催 - 5/8

山下竜大(編集部)

2007-12-04 21:14

 フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンは12月4日、マイクロソフトのWindowsオペレーティングシステム「Microsoft Windows Vista」の新機能である「Microsoft Windows SideShow」を使用したプログラミングコンテスト「Windows SideShowガジェット・アプリケーション・プログラム開発コンテスト」の最終選考会および表彰式を開催した。  Windows SideShowガジェット・アプリケーション・プログラム開発コンテストは、Windows Vistaの新機能であるMicrosoft Windows SideShowの普及促進を目的としたコンテスト。全16作品が応募され、第一次審査を通過した6作品に対する最終選考が行われた。  同コンテストはフリースケールが主催し、マイクロソフト、アイ・オー・データ機器、九十九電機が後援。フリースケールはこれまでにも、8ビットおよび32ビットマイコンのプログラミングコンテストを開催している。
 アイ・オー・データ賞に選ばれたのは、深谷崇氏が開発した「SideView(サイドビュー)」だ。SideViewは、Windows Vistaの画面をWindows SideShowデバイス上に表示するためのガジェット。拡大/縮小をはじめ、10画面まで記録できる機能などが搭載されている。

 アイ・オー・データ機器の代表取締役社長、細野昭雄氏は、「Windows SideShowデバイスにも拡大鏡の機能は標準で搭載されているが、拡大/縮小機能以外にも記録機能が搭載されているなどを評価した」と話している。

 アイ・オー・データ賞に選ばれたのは、深谷崇氏が開発した「SideView(サイドビュー)」だ。SideViewは、Windows Vistaの画面をWindows SideShowデバイス上に表示するためのガジェット。拡大/縮小をはじめ、10画面まで記録できる機能などが搭載されている。

 アイ・オー・データ機器の代表取締役社長、細野昭雄氏は、「Windows SideShowデバイスにも拡大鏡の機能は標準で搭載されているが、拡大/縮小機能以外にも記録機能が搭載されているなどを評価した」と話している。

アイ・オー・データ機器の細野氏(写真左)と「SideView(サイドビュー)」開発者の深谷氏。

関連記事

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]